アンパスィ

2015.11.25

ラウンドコーディネート

紳士淑女のスポーツといわれるゴルフは
「服装のマナーにも厳しそう」というイメージがありますが、
それでゴルフを敬遠していてはもったいない!
実は、「絶対にNG」というものはそれほど多くなく、
基本のポイントさえおさえておけば1年を通じてさまざまなファッションが楽しめるんです。

まずは、基本のドレスコードから。
この基本を守っていれば、たいていのパブリックコースでは問題ありません。
ただ、ゴルフ場によってドレスコードは多少異なるため、不安な場合や
名門クラブへ出かけるような時はゴルフ場へ確認してみるほうが安心です。

pc-1

続いて、基本のコーディネートにプラスして覚えておきたい
今すぐ使える秋冬のプレーを快適にするワンポイントをご紹介します。

pc-2

朝は肌寒いけれど、日中は汗ばむこともあったりと
「寒暖の差」が激しく、天気も変わりやすいのが秋。
プレー中は半袖ポロシャツでも、気温が下がった時のために
重ね着に使えるニットやベスト、防風アウターなどがあると便利。
また、意外と雨の降る季節でもあるのでレインウエアも忘れずに。

pc-3

寒さは厳しくても、準備次第でぐっと快適に変わるのが冬ゴルフ。
軽量感や運動性にも配慮したダウンジャケットや防風セーター、
機能性インナーなどをそろえて寒さ対策は万全に。
また、手袋やマフラー、イヤーマフ、レッグウォーマーなどの小物で
冷えから体をしっかりガードすればスムーズなスイングが叶います。

pc-4

pc-4-title

最後に、クラブハウスでのドレスコードもご紹介します。
一般的に男性はジャケットの着用が義務づけられており、
男女とも少し格の高いホテルのロビーに行く時のような
きれいめスタイルを意識するのがポイント。
NGアイテムは服も靴もラウンド時と同じです。
ゴルフの行き帰りもお洒落で気分を上げていきましょう!

and per seのHPでもコーディネート例をご紹介しています。
「明日の服どうしよう?」と思ったら、ぜひ参考にしてください。

このページのトップへ