アンパスィ

2016.07.22

暑い夏こそ行きたい!北海道ゴルフ事情

年々、暑さは厳しさを増し、湿気で蒸し蒸しとする日本の夏。
それでもゴルフ場にせっせと通ってしまう
ゴルファーにおすすめのエリアが北海道です。
今回は、本州からひと足のばしてでも行きたい
ゴルフの避暑地、北海道の魅力をご紹介します。

涼しいそよ風が吹く絶好のロケーション

冬は寒く、夏は涼しい、北欧に近い気候を体験できるのが北海道。
全国のなかで最も気温が低く、1981年から2010年の平均値をみると、
本州の東京以西の都市では7月、8月の最高気温が
のきなみ30℃を超えているのに対し、札幌の最高気温は26℃程度。
つまり、涼しく爽やかな北海道は夏ゴルフのベストスポットなのです!
いつでも爽やかな気分でプレーが楽しめます。

なにより、北海道といえばそのロケーションが魅力!
どこまでも広がる青空、360℃パノラマビューの広大な大地、
距離の長い広々としたコースなど、
スコアを忘れてゴルフに夢中になれるのが醍醐味です。
スループレーで午前中はゴルフ、午後は観光へ!

スループレーで午前中はゴルフ、午後は観光へ!

北海道ゴルフの基本スタイルは、スループレー。
午前ゴルフをして、午後からもう1ラウンドするもよし、
午前ゴルフの後、午後からは観光やグルメを堪能するもよし。
時間を有意義に使って思う存分ゴルフと北海道を満喫できます。

また、広大な敷地内にゆったりとコースが作られている北海道では
施設内に練習場や温泉などの設備が充実しているのも特徴。
ゴルフ場のレストランでカニやジンギスカンに舌鼓をうち、
プレー後はゆったりと温泉に入るという楽しみ方も想いのまま。

気軽にひとっ飛び!アクセス至便なコースが充実

北海道の玄関口、新千歳空港や札幌市内から車で1時間圏内に
たくさんのゴルフコースと過去に数々のトーナメントが
開催されてきた名門コースがそろっています。
どのコースも街や空港からアクセスしやすいので、
朝、東京から飛び立てば、午後から1ラウンドすることも可能。
到着日や最終日でもプレープランを組めるので、
思う存分ゴルフを満喫できます。

夏の旅行を兼ねたゴルフツアーで
豊かな自然の中へ出かけてみるのも楽しそうですね!

このページのトップへ